きゅるべりミュージック

【ディスコグラフィ】

IMG_2469.JPG

進め!BlueSky  (cutecoolberry)

 [Select Plus SLP-002]  2016.9.30発売

 

1. 進め!BlueSky

2. 進め!BlueSky (off vocal ver.)

桜花、美月、雪那の3人がセレクトプラスより発表した、きゅるべりのデビュー・シングル。グループのイメージを決定づける爽やかなオリジナル・ソングで、現在の桜花のソロステージでもラストに歌われることが多い名曲。ハンド・クラッピングやパーカッションが効果的に使われている。作詞を高橋結、作曲と編曲を坂村純が担当、ashikaga NemuNemu スタジオでのレコーディング。グループとメンバーひとりひとりの4種のディファレント・ジャケットが、複数購入特典として用意されていた。

jacket.png

ちっとんばいLOVE

(きゅるべり桜花)

 [HAS-BEEN MUSIC HBMCD-001] 2018.3.22発売

 

1. ちっとんばいLOVE

2. ときめきシークレット・ラヴ

3. ダーク・コメディ

4. ちっとんばいLOVE (instrumental)

5. ときめきシークレット・ラヴ (instrumental)

6. ダーク・コメディ (instrumental)

ソロとなった桜花によるマキシCD。桜花のボーカルは、幼さの中にも時折大人っぽい表情を垣間見せる。「ちっとんばいLOVE」はドラムスの刻みが心地よいポップ・ソング。「ちっとんばい」とは埼玉県北・群馬県南の方言で「少しだけ」という意味。この表題曲には方言ラップが含まれているが、桜花自身聞いたこともない古い言葉も含まれており、本人には意味不明なようである。「ときめきシークレット・ラヴ」は、secretLady 時代に3人で歌っていた定番曲で、ホーンとギター・ソロが映える流麗なメロディー。「ダーク・コメディ」はコミカルでダンサブルな楽曲。表題曲の作詞がHAS-BEENであるほかは、他の作詞、すべての作・編曲を林建英が手掛けており、丁寧な音作りがされている。ジャケットは深谷市にある渋沢栄一ゆかりの誠之堂・清風亭(せいしどう・せいふうてい)での撮影。ちなみに発売日の3/22は桜花の母の誕生日である。​

amazon-logo-001.png
tunecore.jpg
IMG_8270.JPG

Shiny Days / ヒダリガワ 

(きゅるべり桜花)

 [HAS-BEEN MUSIC HBMCD-002] 2020.10.10発売

 

1. Shiny Days

2. ヒダリガワ

3. Over The Line !

4. Shiny Days (instrumental)

5. ヒダリガワ (instrumental)

6. Over The Line ! (instrumental)

きゅるべり桜花のマキシCD第2弾。満を持してのリリースで、桜花の歌唱力に磨きがかかっている。

「Shiny Days」は、疾走感あふれるロック・チューン。「ハピネス・プラネット」や「inocent」を書いた 新進気鋭の作曲家 k1ny@ (キンヤ)氏と、 nOn (ノン)氏の共作で、間違いなくライブでも盛り上がる、きらびやかで迫力ある作品となった。

両A面扱いとなる「ヒダリガワ」は、切ない乙女心を紡ぐキュンなミディアム・ナンバー。作者は、ユニット macohca (まこおーか)としても桜花と活動を共にしている、さすらいのシンガーソングライター macotoband。コーラスも秀逸で、聞く人の心をわしづかみすること必至な、美しい作品に仕上がっている。

「Over The Line !」は、神流川流域ご当地アイドル knit 時代から受け継がれる名曲のニュー・バージョン。桜花のライブでも繰り返し歌われてきた、ファンにはお馴染みの楽曲。桜花をサポートし続ける村上賢一氏の作品。

amazon-logo-001.png
tunecore.jpg

かえるのうた(仮) 

(macohca)

 [HAS-BEEN MUSIC HBMCD-003] 2021.12.25発売

1. かえるのうた(仮)桜花バージョン

2. かえるのうた(仮)macotobandバージョン

3. かえるのうた(仮)macohcaバージョン

シンガーソングライターmacotobandと、きゅるべり桜花の異色コラボとして、ステージで話題のユニットがついにCDをリリース! その名も「かえるのうた(仮)」。桜花が観光大使を務める埼玉県美里町の情景が歌いこまれ、もちろんあの童謡のオマージュにもなっている楽しい楽曲。それを、桜花、macotoband、macohcaの3つのバージョンで収録。装丁も紙ジャケット仕様で、かわいく楽しいものに仕上がっています。限定仕様のため、桜花やマコトバンドのライブで購入できます。

​​

ジャケ.png

ぎゅぎゅっとつめこみました。めもりるむ・・・はにゃ?

cutecoolberry Ouka Best 2014~2021

(きゅるべり桜花)

 [HAS-BEEN MUSIC HBMCD-004] 2022.4.28発売

1. berrydoll 2. 世界は恋に落ちている 3. Over The Line ! 4. 桜咲く頃~心の中の宝箱 5. ときめきシークレット・ラヴ 6. 世界一HAPPYな女の子 7. 進め!Blue Sky 8. Colorful smile 9. ちっとんばいLOVE 10.モラトリアム白書 11. MAHOROBA 12. Shiny Days 13. スキちゃん 14. ヒダリガワ 15. berrydoll [live 2016.6.11]*

 きゅるべり桜花のファースト・アルバムであり、7年間の活動を集大成したベスト盤。その名の通りボーナストラックを含めた全15曲がギュギュっと詰め込まれている。BerryDoll、secretLady、cutecoolberryと、形態を変えて活動を続けてきた思い出深い曲たちが初めてレコーディングされ、さらに新曲や13歳の声を収録した貴重なライブバージョンまで収録されている。これに、きゅるべり代表であるLisaが歌うCD「サクライロ」が購入特典となっており、セットで聞くことにより親子で歩んできたアイドル活動を感慨深く振り返ることができる。

 プロデュースは桜花とユニットを組んで活躍しているmacotoband。彼自身の作曲した「ヒダリガワ」をはじめ、コーラスアレンジが秀逸なアルバムとなっている。

​ リリース日は4月28日、幸せの「四つ葉」の日であり、きゅるべりにとってミラクルな記念日となっている。